治療院の集客はこれからは自分で行うのが主流になるでしょう

限定30店舗様に特別格安で営業

最近、業者からの営業がまた増えてきました。

限定30店舗様に格安で集客をお手伝いするというもの。

お手伝いと言っても、もちろん料金はかかります。ホームページを上位にあげますとか、

コンテンツサイトから予約が入った時だけ、料金が発生したりとか、予約電話代行つまり電話は治療院ではなく事務所にかかりそこで予約をとってくれるというもの。などがあります。

どれもいかがわしくて話を聞く気にもなれません。

自分でやった方が料金はかかりません。

自分で行う集客

自分で行うと、集客はお金が安く済みます。

集客の方法はいろいろあります。

HP、チラシ、グーグル広告、SNS、ブログ、ユーチューブ、講習会、コミュニティーなどがありますが、今すぐに結果が出るものと、導線を作りそこから次第に広がり結果が出るものとがあります。

すぐに結果が出る方法は

すぐに新規集客を行いたい時にはHPとチラシに患者さんが来院しやすい仕掛けを作って行いますとうまくいきます。

どういう仕掛けを作るのかといいますと新規集客のうまい治療院のHPを見るとよくわかります。

LP(ランディングページ)というものを作ります。

これは簡単に言いますとチラシを長く伸ばしたHPのことであります。

HL(ヘッドライン)というキャッチコピーをトップにもっていき、その補足説明が次にきて、オファー、値段、予約ページ、がきます。

それから患者さんの声、体験談がきて医師などの推薦文がきます。

また返金保証などの提案文の入れます。

また、期限限定、初回だけ低料金を提案します。

オファーは何度か繰り返し入れていきます。

こんな感じでLPを作りそれにグーグル広告などのPPCをかけます。

チラシは同じくHL、説明文、オファー、提案を入れます。これも自分で作るとかなり安くできます。

料金は初回限定で安くしているところが多いです。

導線による集客は

ユーチューブ、インスタグラム、フェースブック、ツイッター、ブログなどが考えられます。

これらは一回見たからと言って集客につながるのものではありません。

継続することにより集客の導線が出来上がり始めて来院ということになります。

私自身はユーチューブとブログ、フェースブックで導線を作っています。半年一年と構築していかないと結果は出てきません。

但し継続していきますと効果が出てきます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です