脊柱管狭窄症のお尻の痛み、腰の痛み、しびれなどは足の調整でよくなりますよ


こんにちは三起均整院の筒井です。

今日は脊柱管狭窄症についてお話いたします。

脊柱管狭窄症とは

脊柱管狭窄症とは文字通り脊柱管は狭まることによって痛みしびれなどが起こる病気です。

脊柱管とは後頭部からお尻のほうに向かってあるものです。

背骨は椎骨という骨の集まりです。頸椎7個、胸椎12個、腰椎5個、仙骨、尾骨でできていますがこの一つ一つの骨には、穴が開いておりその中を脊髄神経が通っています。

その穴のつながりを脊柱管と呼びます。

その穴が何らかの原因により狭まって、神経障害が起こった状態のことを脊柱管狭窄症といいます。

原因

現代医学では何らかの原因としかわかりません。

東洋医学では、脊髄は腎臓に配当されていますので、腎臓のストレスが長きにわたった起こりますと、脊柱管狭窄症になるといわれています。

腎臓のストレスは、栄養(食べ物)ストレス、体の歪みによって起こりますそれらを解決すれば根本的に良くなります。

まず食べ物では、アルコール、コーヒー、甘いものは関節の痛みを助長しますので一旦止めて水をよく飲んでください。

それから体の歪みですが特に、足の甲の緊張をとるようにしてください。そうすればお尻、腰の痛みは柔らぎます。

三起均整院のLINE@はこちら

院長への質問、三起均整院の予約もこちらで受け付けております。

スマートフォンでご覧の場合は、下記のボタン(バナー)をタップしてください。

自動的にLINEアプリが立ち上がります。

IDで「@geo6039o」と検索して頂いてもご登録できます。

パソコンでご覧の場合は、こちらのQRコードを読み取ってください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です